代表的な中華料理

ここでは有名な中華料理を紹介していきます。

代表的な中華料理

北京料理

ベースは淡白な味の山東料理です。

北京では麦や雑穀が主食であったことから小麦を原料とする餃子や包子、麺類が発達、また魚よりも肉料理が発達しています。宮廷料理の流れを汲んで、歯ざわりの良さ、やわらかさ、新鮮さと香りに重点を置いています。

代表料理:北京ダック 水餃子

上海料理

蘇州、杭州、揚州など江南各地の料理を集大成したものが上海料理です。この地域は長江の下流で海に近く湖沼が多く、エビ、カニ、魚が豊富です。また、中国有数の米作地帯を控え、美味しい米と紹興酒などの産地もあります。
麺などの簡単な食事から発達した、コクがあって甘く、油けが多く、色が濃いうえ、ふっくらと煮込んだ柔らかさを持つ料理がおおいです。

代表料理:小籠包 上海蟹

広東料理

中国料理の中でも最も有名な料理として認識されていて、広州を中心に発展した広州菜、客家の料理である東江菜、潮州スワトウ地区で発展した潮州菜が有ります。世界各地へ渡った広東人の華僑により、世界中に広められ、外国にある中華料理店のほとんどが広東料理です。

亜熱帯の新鮮な食材を生かし、淡白な味付けで日本人にも人気があり、海産物を中心にフカヒレ、ツバメの巣など料理の種類はとても多く、中には蛇料理などのゲテモノ料理もあります。

代表料理:シュウマイ 酢豚

四川料理

物産豊富な「天府の国」・四川盆地にはぐくまれ、年中霧が立ち込める特殊な気候風土を背景として四川独特の麻辣の味が生まれました。麻は痺れるような山椒の味、辣は唐辛子の辛い味のことで、さらに油を大量に使った脂っこい味付けが特徴です。四川省は揚子江上流の、中国の穀倉地帯で材料には豚肉をはじめ牛肉、鶏、川魚や野菜を多く使い、また小吃菜(前菜一品料理)が多いのも特徴で、唐辛子をたっぷり入れるので料理の色は赤みがかかったものが多いです。

代表料理:麻婆豆腐 担担麺 回鍋肉 青椒肉絲


投稿者のプロフィール

最新の投稿

「グルメ」カテゴリのランキング

特集